アイドルを目指し、少女達が傷つきながら
夢を見て駆け抜けた1週間!

世界でいちばん悲しいオーディション

2019年1月11日(金)よりテアトル新宿、
全国順次公開

監督/岩淵弘樹 プロデューサー/渡辺淳之介
撮影/バクシーシ山下
西光祐輔 白鳥勇輝 エリザベス宮地 岩淵弘樹
出演/オーディション候補生、モモコグミカンパニー(BiSH)、
パン・ルナリーフィ(BiS)、ペリ・ウブ(BiS)、キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)、BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiRE
配給/松竹メディア事業部 製作年/2018年 尺数/98分
画角/ヴィスタサイズ 音声/2.0chステレオ ©WACK.INC

アイドルを目指し、
少女達が傷つきながら夢を見て駆け抜けた1週間!

2019年1月11日(金)よりテアトル新宿、全国順次公開

監督/岩淵弘樹 プロデューサー/渡辺淳之介
撮影/バクシーシ山下 西光祐輔 白鳥勇輝 エリザベス宮地 岩淵弘樹
出演/オーディション候補生、 モモコグミカンパニー(BiSH)、 パン ・ ルナリーフィ(BiS)、 ペリ ・ ウブ(BiS)、
キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)、 BiSH、 BiS、 GANG PARADE、 EMPiRE
映倫
WACK オフィシャルサイト
毎年3月に行われるWACKの合宿型アイドルオーディション。
恒例となった合宿オーディションが2018年3月に行われた。
ここは九州の離島。福岡から高速船で1時間、壱岐島。
24人のWACK所属アイドル候補生たちが、「アイドルになる」という夢を叶えるためにこの地に降り立った。
このオーディションが、過去にないほど、厳しく、切なく、そしてかなしいオーディションとなろうとは知らずに・・・
「世界でいちばん悲しいオーディション」場面写真

イントロダクション

2018年3月に長崎県の離島で行われたアイドルオーディション合宿。全国から集まった24人の候補生たちは、自らの夢を叶えるべく、歌、ダンス、マラソン、デスソース・・・と過酷な試練を乗り越えながら、己と向き合い、闘い、そして覚醒し、憧れのアイドルへの階段を上っていく。しかし、毎夜行われる無情な脱落者発表。理不尽なジャッジに感情を揺さぶられながら、本性を剥き出しにしていく候補生たち。泣きながら、倒れながら、それでもアイドルになりたい一心で走り続ける少女たちの、切なく過酷な一週間を追った唯一無二のドキュメンタリー映画。
「世界でいちばん悲しいオーディション」場面写真
「世界でいちばん悲しいオーディション」場面写真

WACKオーディションとは?

BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREが所属する、音楽事務所WACKが毎年恒例で開催している合宿型合同オーディション。最終選考である本オーディションは、歌やダンスだけでなく、日々の生活さえも審査対象となる。約一週間の最終オーディションを経た後、合格者はWACKに所属し、BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのいずれかのグループ、もしくは・・・にて活動をスタートすることになる。今回のオーディションでは書類審査と面接試験を通過した24名に、モモコグミカンパニー(BiSH)、ペリ・ウブ(BiS)、パン・ルナリーフィ(BiS)、キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)ら現役メンバーも加わった。

WACKオーディション
サバイバルのルール

  • □ 加点方式
  • □ 一週間の共同生活
  • □ 毎日の生活すべてがオーディションの審査対象
  • □ 歌唱審査、ダンス審査
  • □ 毎日の早朝マラソン、デスソース入りの食事、スクワット対決や人生ゲーム対決などやる気や根性、運、礼儀も審査対象。
  • □ 24時間ニコ生で配信、一般視聴者からの審査ポイントも有り
  • □ 毎日数名づつ脱落を宣告される
「世界でいちばん悲しいオーディション」場面写真

WACK 代表
渡辺淳之介氏のコメント

自分自身が天才にはなれない、どうしようもなく偽物であることへの失望を思春期にずっと感じていて、なにものにもなれない自分に劣等感を感じ続けてきました。WACK合宿オーディションはさながらアイドル版「フルメタルジャケット」。軍人になるのではなくアイドルになるべく一週間で即時育成するブートキャンプです。何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います。

監督
岩淵弘樹氏のコメント

24人のオーディション候補生たちが主役のドキュメンタリー映画です。1人1人の感情の沸点を基点に構成し、地を這ってでも夢に向かう人間のひたむきさを描きました。さらに、夢が壊れた時に人はどうなるのか?また立ち上がるのか?逃げ去るのか?そして、感情のブレーキが壊れ、覚醒した集団はどこに向かうのか?少女たちが限界を越えながら全力で駆け抜けた1週間を、ぜひ劇場で目撃してください。
世界でいちばんかなしいオーディション